忍者ブログ

9月20日(水) 雨

☆解散、散会( ´−`)

 1987年の今日、おニャン子クラブが代々木第一体育館でのライブを最後に解散した。仕掛け人の秋元康氏は2005年のAKBグループ立ち上げまでしばしの休憩となった。おニャン子クラブがシングル連発のため徐々に中高生のファン層のお小遣いが尽きて売上が低迷→解散となったことの反省から、のちの「AKB商法」が考案されたと見られる。

 昨日の東京株式市場は、日経平均が一時
20,320円(+411円)まで上げる展開を見せた。為替も、ドルストレート、クロス円ともに円安トレンドが続いた。ロンドンタイム以降はやや円が買い戻される場面もあったが、トレンド反転するまでには及ばず、広めのレンジ相場となった。米国株も3指数が上昇し全体にリスクオンの場面だった。

 早朝の為替は前日の終値付近で動いている。今日の東京株式市場は上げは一服、為替もFOMC前に調整的な動きと見る。
PR

9月19日(火) 晴れ

☆復活の日( ´−`)

 2012年の今日、NY株式市場でアップル株が1株701.91米ドルとなった。時価総額は歴代最高額である約6580億米ドルを記録した。2001年2月にApple株は14.44ドルまで下がっており、まさに奇跡の復活である。

 毎回放蕩の限りを尽くす旅の後、通常モードに戻るまで1週間は掛かるのが常なので、しばらくは概要のみの更新となる。

 先々週末に北の国が動かなかったことを好感して、先週明けに株高・円安で始まった相場は今週も継続している。14日(木)のMPCで利上げ賛成の委員が1名増えたことから、我らが英ポンドは急騰\(^^@)/。15日(金)もポンド買いは続き、ポン円は151.5円台まで上昇した。これはBrexit後の最高値更新である。昨日の24時にカーニーECB総裁が利上げに慎重な発言をしたことから、一旦ポンドは売り戻されたが、大きな下げにはならず。いまは皆北の国の件に目が向いており、Brexit問題が報じられることが少なくなったことも、心情的な買い心理を生んでいると見る。

 ドルストレートや他のクロス円も上昇トレンドに乗っており、NY株は最高値更新、日経平均も2万円台を回復しそうな勢いである。これは市場関係者では飛翔体慣れが進んでおり、北の国が実際の目標に向けて撃つ、または、米国が先制攻撃する、このどちらの可能性も少ないこと。当面睨み合いが続くだろうこと。これらの前提からずっと続いたリスク回避モードが一気に反転した感がある。

 ああ、もう9時を回ってしまった(^_^;)。東京株式市場は日経平均が20,128円(+218円)で寄り付いた。為替は流石に上げは一服している。株価は上げ渋り、明日のFOMCを睨んで為替も揉み合いと予想する。

生きてます( ・o・)

祝、新iPhone発表\(^^@)/

 ・・・ではなくて、先週末から旅の人になっておるので、更新は不定期になる、という話をしてなかった(^_^;)。いきなり死んだわけでも、投資に失敗して全財産を失った訳でもないので、ご安心あれ。

 結局、週末に北の国は動かず。911に合わせる可能性もあったので、月曜日までは用心したがそれもなし。というところで、市場はすっかりリスクオンに動いている。iPhone発表までは米ドル円80円くらいで良かったのに(T_T)。

9月8日(金) 晴れ

☆スターアライアンス( ´−`)

 1966年の今日、米NBCで「スタートレック」の放送が始まった。シリーズ化されたあとは、he Original Series(TOS)と呼ばれることが多い。日本では「宇宙大作戦」とベタなタイトルになったほか、スコット(スコッティ)→チャーリー、スールー→カトー、ウフーラ→ウラと登場人物の改名(笑)がなされた。2005年の「スタートレックエンタープライズ」で一時シリーズが途切れていたが、今年9月から新シリーズが放送予定である。

 昨日の東京株式市場は、寄り付きから買いが優勢で、日経平均は一時19,482円(+124円)まで上昇したが、後場に失速し19,396円(+38円)で取引を終えた。為替は東京〜ロンドンタイムで円高局面が続いた。ここで21時半頃、ECBのドラギ総裁発言が契機となり、ユーロ円が急騰。クロス円が釣られ上げする展開となった。NY株が軟調に推移するとクロス円は下げに転じた。ドルストレートは東京タイムからの下落が続いた。

 NY株が下げ止まりすると、一旦円安局面になるものの戻しは鈍かった。米国株はダウ平均がやや下げ、NASDAQとS&P500はほぼ横ばいとなった。為替は日足で、米ドル円-72、ユーロ円+25、英ポンド円-31、豪ドル円-6、NZドル円-16、加ドル円+21と、一昨日の急騰から加ドルの勢いが続くのが目立った。原油先物とVIXは上昇から下落、金先物は上昇した。

 早朝の為替は、NZドル円を除いて円高に動いている。日経平均先物-132、ダウ平均先物-13、原油と金は横ばい、VIXは上昇。寄り付き前注文は-275万株の売り越し。本日は北の国の建国祈念日であることから、何か動きがあると予想されているが、実際の動きはこれまでどおり土日だろう。ただし、そのリスクから投資意欲は減退するのは避けられない。今日の相場は株安・円高基調と見る。

9月7日(木) 雨

☆てんぷくトリオ( ´−`)

 651年の今日、兵学者の由井正雪らの幕府顛覆計画が発覚し、てんぷくトリオは解散することになった。後半は明らかな嘘だが、丸橋忠弥と金井半兵衛を合わせた三人が首謀者とされるため、「トリオ」と呼べなくもない。これを慶安の変と呼ぶが、幕府が密偵により事前に察知していたため、実際に「変」は起きなかった。ただし、この事件を契機に江戸幕府は武断政治から文治政治に移行することになり、由井の理念は一部実現したと言える。ちなみに由井正雪は将棋の七段であったという。

 昨日の東京株式市場は、日経平均が終始マイナス圏であったが、下げ渋り19,357円(-27円)と僅かな下げに留まった。それを受けて為替は揉み合いの場面が続いた。ロンドンタイムでは、喉元過ぎれば的な円売りが優勢になった。そして、その時歴史が動いた( ・o・)。そんな大げさな話ではないが、NYタイムに入って、23時、カナダ中銀が予想外の利上げ(0.75→1.00%)を発表したことから、加ドルが急騰。加ドル円は時観測で+110Pipsも上げる勢いとなった。これを受けて、ドルストレートや他のクロス円も釣られ上げする展開となった。

 米国株はNASDAQが一時マイナス圏に落ちる場面もあったが、3指数とも底堅く推移した。為替は日足で、米ドル円+52、ユーロ円+67、英ポンド円+84、豪ドル円+48、NZドル円-2、加ドル円+156と、加ドル円の上げと謎ドルの下げが目に付いた。原油先物は上昇、金先物とVIXは上昇から下落。

 早朝の為替は加ドル円が調整売りで下落しているほかは、ほぼ前日終値付近で動いている。日経平均先物+112、ダウ平均先物-23、原油は横ばい、金は下落、VIXは上昇。寄り付き前注文は+690万株の買い越し。今日の東京株式市場は上昇、為替は円安含みと見る。あとは、国連安保理の北の国追加制裁案に中ロがどう反応するか気になるが、どちらも原案に賛成はしないだろうなあ、と思う。

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 9
10 11 12 14 15 16
17 18 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[12/02 働かず暮らしたい]
[11/28 Shige]
[11/25 働かず暮らしたい]
[03/18 大王]
[02/28 大王]

プロフィール

HN:
Shige
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ