忍者ブログ

1月21日(月) 晴れ

☆カンペ、合併(苦しいw

 2001年の今日、東京都田無市と保谷市が合併して西東京市が発足した。新市決定当時は、安易な名前との批判もあったが、これ以後「西○○市」などの名前の新自治体名が増えることになった。

 週末の東京株式市場は日経平均が20,666.07円(+263.80円)と上昇。為替は日足で、米ドル円+53、ユーロ円+32、英ポンド円-54、豪ドル円+12、NZドル+16、加ドル円+44。原油先物は上昇、金先物、VIXは上昇から下落。米国株は3指数とも上昇。

 全体にリスク回避モードが後退して株高・円安基調で推移している。Brexit法案が大差で否決されたことが、逆に「合意無き離脱」の可能性を薄めたとの観測、米朝第2回協議開催決定(今度はドタキャン騒動はナシよ(^_^;))。米国政府シャットダウンは、オバマ政権の時は久しぶりでインパクト合ったが、トランプ政権ではもう3回目。国家公務員の長期無給状態はまともではないが、一般市民的にはまたか、なっているのであろうか?日本に置き換えて考えると、多くの行政業務は市区町村がメインで一部都道府県がおこなっており、国の機関の閉鎖もそこまでの影響はない。

 早朝の為替は英ポンド円が下がっているほかは調整的な動き、日経平均+204、ダウ平均-20、原油は下落、VIXと金は上昇。今日の相場は概して株高・円安トレンドと見る。欧州通貨については、また繰り広げられるであろう「要人発言(^_^;)」によって上下動が予想される。予定では本日Brexit第二案がメイ首相から提示されるはずだが、その内容には要注目である。
PR

12月27日(木) 晴れ

☆セルニルトン( ´−`)

 座り仕事の持病は痔核だが、もう一つ前立腺にも影響を与えるのであった。先週からその病変を疑う症状が出ており、なかなか改善しないので、昨日朝から近くの泌尿器科に行って来た。検尿・CT・血液検査では特に病変は見つからず「前立腺炎(の疑い)」としてお約束のセルニルトン錠を処方されて帰って来た。セルニルトンは西洋医学的な薬ではなく、いくつかの植物の花粉をエキスにしたもの。薬理的な作用は良く分かっていないが、臨床的な効果が認められて保険適用になっている。

 トレーダーで前立腺がある方、30分〜1時間に1回は立ち上がって軽い運動をすること。利確したらトイレ、などと尿意を我慢することを避けるなど、若い内から前立腺を労るのがよろしいかと思う。

 しかし、医療費が予想外に高かったことで、取り戻すぜい、と朝までトレードしていたのは内緒だ。明日も朝から所用で出掛けないと行けないので、年内の更新は31日が最後になるはず。

10月19日(月) 晴れ

☆青天の赤壁( ´−`)。

 お姉さん、事件です(ネタが古いw)。木曜日深夜にiPhoneXの画面が真っ暗になり、Appleのサポートに連絡して代替機を送ってもらい、復元するまでで週末が終わった(^_^;)。金曜朝10時に修理受付して同日16時に代替機発送、Appleさん仕事が早い。本体の電源は入っていたので、直近のバックアップを取ることが出来て、代替機が来てからは大した手間は掛からなかった。

 画面保護シートも、こういうときのために温存している、Amazonプライムの無料会員登録で、翌日到着。一番手間が掛かったのはApple Watchの再設定。iPhoneとのペアリングを解除していない状態だったのでリセットが必要となり、モバイル通信サービス(ナンバーシェア)を一度契約解除してから、再契約する必要があった。

 そんなこんなで、金曜日の更新はお休み、今日も残務整理のためお休み、明日は所用でお休み(^_^;)。決戦は水曜日!(何と戦うの?w)。現代人が如何にスマホに依存しているかを、今回思い知らされた。

 相場は、株為替とも調整的な動きが続くと見る。Brexit関連で欧州要人たちが好き勝手言っているのは、ワールドカップ開催で急にサッカーファンが増える芸能界を見ているようで、しっくり来ない。市場的にも食傷気味のようだ。ともかく、トルコリラショックが収束したことを喜びたい。

7月16日(月・祝) 晴れ

☆アツはナツいねえ( ´−`)

 なんでやねん(お約束w)。猛暑のおり、エアコンが暑くて仕事をしたくないと申すので、予告解雇→新規採用に時間を取られて更新してなかった<m(__)m>

 故障などの対応を考えて、大型家電は地元のお店と決めているが、カカクコムの画面を提示して値引き交渉をする余地も無く、大変お求めやすい価格で入手出来た。その過程で、大手TVショッピング(匿名希望)の工事日が(以下略)だったり、取り付け専門の業者もいくつかあることが分かった。コスト的には型落ちモデルをAmazonなどで購入し、工事を別発注が一番安くなるようだ。

 今回は、外気温<室温の状態だったので、工事日を最優先て家電量販店とした。エアコンと言っても6万円切るものから30万円近いものもある。TVCMでよくやっている「○○センサー」「△△アイ」など機能は、当然フラッグシップと一つ下のモデル(20万円〜)に限られる。広めのリビングに家族が何人も居るような環境ではないので、真ん中あたりの機種にした。高いのは省エネ特性が優れて、期間消費電力がエントリーモデルの2/3くらいになるが、価格差15万円を取り戻すのに何年使えばいいのよ?

 週末の相場、週明けからの株高円安が一服した。そもそも相場を引っ張ってきた米ドルの買いが大きな材料無く始まったので、こんなものかもしれん。英国でBrexit関連閣僚2人が辞任したことで、一時英ポンドは売られたが、保守党内でメイ首相おろしなどの動きがない限り、継続的な下げには繋がらないと見る。

 しばらく米中貿易問題に隠れている米朝首脳会談の件、これまで何度か書いているとおり、米国中間選挙前に片を付けるには、そろそろ2回目開催を考える時期だ。この動きがいまは気になる。

 しばらく下落傾向だったApple株が191米ドル台まで復活した(^。^)。

9月6日(水) 雨

☆禁じられた遊びだったのね(T_T)

 1953年の今日、ルネ・クレマン監督のフランス映画「禁じられた遊び」が公開された。全編ギターソロなのは予算不足でオーケストラが雇えなかったからという(by Wikipedia)。この作品のストーリー詳細を覚えていなくても、メロディは覚えている人が多いだろう。既に著作権切れなのでDVDが500円〜売っている。ゴダールの「右側に気をつけろ」はクレマンのデビュー作「左側に気をつけろ」に関連するらしい。

 昨日の東京株式市場は、日経平均がプラス圏で始まりしばらくは下げ渋ったが、10時前からじり安となった。後場に入ってやや値を戻したものの、19,385円(-122円)で取引を終えた。為替は株価に寄り添うように動いた。ロンドンタイムでは各通貨とも対円でバラバラの動きとなった。原油高を受けて資源国通貨は買われたが、米ドル円、加ドル円は揉み合い、ユーロ円は下落、英ポンド円はロンドンタイムの下落からの戻しとなった。NYタイムに入ると、米国株が大幅下落、ダウ平均が1%超下がると、円の全面高の展開となった。

 為替は日足で、米ドル円-87、ユーロ円-86、英ポンド円+5、豪ドル円-11、NZドル円+15、加ドル円-43と、珍しく英ポンドが下げ渋ったのが目に付いた。原油先物と金先物は上昇、VIXは上昇から下落と、北の国の核実験→飛翔体再発射の情報を、どの程度のリスクと見るか見方が分かれるところだ。

 早朝の為替はやや円高に動いている。日経平均先物-36、ダウ平均先物-7、原油は横ばい、金とVIXは上昇と、リスク回避に見える。寄り付き前注文は-270万株の売り越し。今日の東京株式市場は、前日のドル安・株安をどう見るかがポイントとなるが、ダウ平均-234は正直下げすぎじゃ?とも思うので、株安による手頃感から株価は上昇、為替も円が売り戻しと予想する。

カレンダー

12 2019/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 12
13 14 15 19
20 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[12/02 働かず暮らしたい]
[11/28 Shige]
[11/25 働かず暮らしたい]
[03/18 大王]
[02/28 大王]

プロフィール

HN:
Shige
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ