忍者ブログ

1月31日(木) 晴れ

☆ようこそわが家へ( ´−`)

 タイトルだけ見ると陽気なホームドラマ風だが、中身はサスペンス色が強いものだった。いや、だ、ようこそ繋がりにしたかっただけで、1971年、「新婚さんいらっしゃい!」(朝日放送(現 朝日放送テレビ)制作、TBS系→テレビ朝日系)が放送開始した、が本題だった(^_^;)。いまのアシスタント山瀬まみは当初は渡辺美奈代の代役だったはずだが、結果的に最長記録更新中である。

 昨日の東京株式市場は日経平均が20,556.54円(-108.10円)と下落。為替は日足で、米ドル円-31、ユーロ円+15、英ポンド円+7、豪ドル円+86、NZドル+49、加ドル円+52。原油先物と金先物は上昇、VIXは上昇から下落。米国株は3指数ともに上昇。

 早朝の為替は調整的な動き、日経平均+248、ダウ平均+8、原油と金は上昇、VIXは横ばい。今日も株は上昇、為替は調整的な動きと見る。

 昨日はAM4〜英国議会、7時〜Apple決済発表、で徹夜みたいになって更新は断念させていただいた。交渉延長の期待が高まっていたBrexit状勢は、昨日の庶民院採決でまた振り出しに戻った感がある。メイ首相は相変わらずの強気だが、EUは原案修正には拒否の姿勢を変えておらず、交渉がまとまるかは全く見えない。

 EU首脳側としても、領内の反発を喰らう恐れがあるので、安易な譲歩はしないだろう。ただし、合意無きBrexitになると両者とも相当なダメージになるのは明らか。英国側としてはEUが最後の最後で妥協するのに期待している模様だ。

 一方、Apple社の決算は低調だったが、事前に下方予測を出していたこと。iPhone以外のカテゴリで増収増益だったため、昨日のNY市場で株価は大きく戻すことになった。
PR

12月12日(水) 曇り

☆マンデーモナリザクラブ( ´−`)

 「マンデーモナリザクラブ」はピンクレディの13枚目のシングルで、残念ながらこれ以降はシングル売上がフェードアウトしていくことになる。じゃなくて、1913年の今日、1911年にルーヴル美術館から盗まれて以来行方不明になっていた「モナ・リザ」がフィレンツェで発見される。こっちが本題だ(^_^;)

 昨日の東京株式市場は、日経平均がプラマイ圏を上下して21,148.02円(-71.48円)とやや下げて終わった。為替は日足で、米ドル円+13、ユーロ円-27、英ポンド円-59、豪ドル円+23、NZドル+14、加ドル円+14と、英ポンドに釣られてユーロにも売りが入った。原油先物、金先物、VIXはともに上昇から下落。米国株はNASDAQのみ上昇。

 早朝の為替は僅かに円安、日経平均+167、ダウ平均-70、は僅かに下落、原油とVIXは上昇、金は横ばい。

 保守党首信任投票請求に必要な、48議員の署名が揃ったという未確認情報、EU要人の「再交渉はしない」ダメ押し発言、Brexitは泥沼の様相を呈して来た。一方的に採決延期を決めたメイ内閣に、保守党議員が、もうダメだ、と思ったのかも知れない。しかし、じゃあ、Mayの後Juneに変えたところで、問題が解決するわけでは無く、内閣不信任可決まで進めば、恐らくまた総選挙になる。

 それで保守党過半数取れるのか、Brexitは結局やるのやらないの?国民投票2回目はやるの?など、どう転ぶにしても先は長い。ここまで、グダグタになるとは予想しておらんかった。。。

10月17日(水) 晴れ

☆ビール洪水( ・o・)
 1814年の今日、ロンドンビール洪水が発生した。ロンドンのビール醸造所で多数の大樽が転倒し147万リットルのビールが流出し9人が死亡した。147万リットルはプール4杯分くらいだ。

 日米欧ともすっかりリスクオンに変身した相場となった。昨日の東京株式市場は堅調で、特に後場に入ってからの上げが目覚ましく、22,549.24円(+277.94円)で取引を終えた。為替も円売りが優勢となった。

 為替は日足で、米ドル円+51、ユーロ円+51、英ポンド円+110、豪ドル円+50、NZドル+77、加ドル円+80と、英ポンドの上げが大きかった。原油先物は上昇、金先物とVIXは上昇から下落、米国株は3指数ともに上昇。

 早朝の為替は調整的な動き。日経平均先物+326、ダウ平均先物-27、原油と金は横ばい、VIXはと下落。今日もリスクオンが続き、株高円安と見る。

7月6日(金) 雨

☆パスケース(苦しいw)

 1885年の今日、ルイ・パスツールが、自身が開発した狂犬病ワクチンを初めて人間に接種し、効果が認められた。牛乳などの低温殺菌法(パスチャライズ)はパスツールに因む。

 昨日の東京株式市場は、前場は下げ渋っていたところに後場に入って売りが優勢となり、日経平均は21,546円(-170円)と下げて終わった。為替は円高場面だったが、ロンドンタイム以降は円安に振れた。毎度お馴染みの喉元過ぎれば相場に入ったようだ。米国株もこのところの下落傾向が底打ち下感がある。

 為替は日足で、米ドル円+20、ユーロ円+61、英ポンド円+8、豪ドル円+25、NZドル円+45、加ドル円+19、となった。原油先物と金先物は上昇、VIXは上昇から下落。

 早朝の為替は小動き、日経平均先物+118、ダウ平均先物-43、原油と金は横ばい、VIXは上昇。今日の相場はリスク回避モードが和らぎ、株高円安基調と見る。

6月27日(水) 曇り

☆円銭厘(熟語では無いw

 1871年の今日(明治4年5月10日)、新貨条例が公布された。貨幣の名称は「円・銭・厘」で十進法、旧1両を1円とした。幕末の1両の価値は20万円程度とされるから1厘でも2000円である。

 トルコリラ最強伝説\(^^@)/
 って程でも無いが、週明けから円高トレンドの中でトルコリラだけが下げていない。

 昨日の東京株式市場は、寄り付きから軟調で日経平均がマイナス圏で推移した。後場に入って当日が権利確定日だったことを受けて買いが優勢となり、22,342円(+3円)と僅かに上げて取引を終えた。為替は東京〜ロンドン〜NYタイムを通じて、米ドル・加ドルがやや戻す場面が続いたが、他通貨の戻りは弱かった。

 為替は日足で、米ドル円+30、ユーロ円-28、英ポンド円-30、豪ドル円横ばい、NZドル円-26、加ドル円+18、円高は一服したが。原油先物は上昇、金先物とVIXは上昇から下落。米国株は3指数ともやや上げた。

 早朝の為替はやや円安、日経平均-52、ダウ平均先物-8、原油と金は横ばい、VIXは上昇。今日の東京株式市場は権利落ち日でもあり下落、為替はやや円安と見る。

 トランプ相場が一服したところで、今後の動きとしては米朝首脳会談の予定がいつ頃かが気になる。

カレンダー

01 2019/02 03
S M T W T F S
2
3 9
10 11 16
17 23
24 25 26 27 28

フリーエリア

最新コメント

[12/02 働かず暮らしたい]
[11/28 Shige]
[11/25 働かず暮らしたい]
[03/18 大王]
[02/28 大王]

プロフィール

HN:
Shige
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ