忍者ブログ

1月18日(木) 曇り

☆ポンポンポン、ポンド(以下略w

 1971年の今日、普仏戦争勝利を受けて、ヴェルサイユ宮殿でプロイセン王ヴィルヘルム1世がドイツ皇帝に即位、ドイツ帝国が成立する。ヒトラーがナチスドイツを第三帝国を呼んだのは、これを第二帝国、神聖ローマ帝国を第一帝国と数えてのことである。神聖ローマ帝国はゲルマン人国家なので、そもそも「ローマ」帝国ではないのだが(^_^;)。

 ドルストレートの上げは、午前4時からのベージュブックの改善によると思われるが、NY株式市場が開いてから直ぐのクロス円急上昇は、米国株が買われたことが要因と見られるが、そこまでの材料とは思えなかった。為替は日足で、米ドル円+87、ユーロ円+17、英ポンド円+156、豪ドル円+82、NZドル円+67、加ドル円+60と、ユーロ以外は大きく上げている。原油先物とVIXは上昇、金先物は上昇から下落。米国株は3指数とも上昇し、ダウ平均は+300超の上げとなった。

 遡って、東京株式市場は終始軟調に推移したが、為替はやや円安で動いた。ロンドンタイムでは為替は調整的な動きだった。

 早朝の為替は小動き、日経平均先物+222、ダウ平均先物+27、原油と金は横ばい、VIXは下落。今日の相場は株高円安と見ざるをない。トランプ大統領の暴露本ネタでワイドショーが盛り上がっているが、それよりも減税含む予算案の話をやってくれぃ(^_^;)。
PR

12月11日(月) 雨

☆天草、天草、道草(。-_-。)

 1637年の今日、島原の乱が勃発した。これはキリシタン(当時)の宗教戦争では無く、重い年貢の取り立てに対する百姓一揆である。総大将とされた天草四郎少年がキリシタンだったことを受けて、幕府が禁キリスト教のプロパガンダにしたと見る。

 週末の東京株式市場は大爆発し(^▽^)、22,811(+313円)と大きく上げて取引を終えた。為替は、日本株の堅調さに加えて、メイ英国首相とユンケル欧州委員長が15時から会談し15時半から会見すると報じられたことを受けて、円売りが優勢となった。会見結果は(当然のように)Brexit交渉合意だったが、実際には清算金、移民、領土境界線など外堀部分の合意であり、肝心の通商関する交渉はこれからである。

 会見後しばらく、英ポンドは利確売りと押し目買いがせめぎ合って揉み合いが続いたが、21時頃からは売りが優勢となった。NYタイム、雇用統計の日だったが、雇用者数、失業率、平均時給がそれぞれの結果だったため、一時的な動きに終わった。為替は日足で、米ドル円+45、ユーロ円+46、英ポンド円-23、豪ドル円+31、NZドル円+38、加ドル円+29と、ポンドは行ってこい、寧ろマイで終わっている。米国株は3指数ともブラス圏で推移した。原油先物と金先物は上昇、VIXは上昇から下落。

 早朝の為替はほぼ前日の終値付近で動いている。日経平均先物+74、ダウ平均先物+34、原油とVIXは下落、金は横ばい、寄り付き前注文は+110万株の買い越し。今日の相場も株高・円安で決まりと見る。

 日経平均先物CFDをいつ頃利確するか考え中(^_^;)。ブログ主のようなずぼら〜には限月がないCFDがしっくりくる。

11月28日(火) 曇り

☆混ぜたらマゼラン(意味不w

 1520年の今日、フェルディナンド・マゼランが太平洋に到達した。マゼランは世界一周したと言われているが、マゼラン本人はその前に亡くなっている。全くの余談だが、「マゼラン」で検索すると二番目にモンストのマゼランが出て来る。時代は変わった(^▽^)。

 昨日の東京株式市場は寄り付きから日経平均がプラスで始まったものの、10時半前にマイナス転した後は、そのままマイナス圏で推移。22,495円(-54円)で取引を終えた。為替はNZドルの軟調を除くと、やや円高な動きだった。ロンドンタイム以降はNZドルを除き円高で推移した。米国株はダウ平均は上昇、NASDAQは下落、S&P500は横ばいとそれぞれだった。為替は日足で、米ドル円-40、ユーロ円-84、英ポンド円-62、豪ドル円-45、NZドル円+7、加ドル円-72と、久しぶりに謎ドルが謎の動きを見せた(^▽^)。

 ファンダメンタル的に大きなマイナス面があるわけではないが、投資意欲を喚起するようなイベントがなく、一休み状態と言える。原油先物とVIXは上昇から下落、金先物は上昇した。しかし、ブログ主的には、ワイケイティ[2693]が5営業日連続にほくほく顔である(売らんけどw)。

 早朝の為替は僅かに円安に動いている。日経平均先物-31、ダウ平均先物-14、原油と金は横ばい、VIXは上昇。寄り付き前注文は+350万株の売り越し。今日の東京株式市場はやや下落、為替は反発で円安場面(ただし小動き)と見る。

11月21日(火) 晴れ

☆KKC、KKK、KFC( ´−`)

 略称は似ているが全く関係ない(^_^;)。KKCは詐欺事件で有名な「経済革命倶楽部」、KKKは米国の秘密結社だった。1970年の今日、KFC、ケンタッキーフライドチキンの1号店が名古屋地区でオープンした。

 東京株式市場では株安場面が続き、日経平均が22,261円(-135円)と下げたが、それ以降は円安・株高に動いた。為替は日足で、米ドル円+51、ユーロ円-4、英ポンド円+80、豪ドル円+22、NZドル円+40、加ドル円+8と、独政局の不安定を引き摺ったユーロの軟調を除けば、全体に値を戻した。原油先物、金先物、VIXともに上昇から下落した。欧州株の大半と米国株も上昇している。

 早朝の為替は前日終値付近で動いている。日経平均先物+223、ダウ平均先物-7、原油とVIXは横ばい、金は上昇。寄り付き前注文は+630万株の買い越しとなった。今日の東京株式市場は上昇、為替も円安基調が続くと見る。

 気になるのは、トランプ大統領が北の国をテロ支援国家に再指定したと報じられたこと。これ自体の反応は薄いが、かの国が起こすリアクションによって相場は動く可能性はある。ただし、ミサイル・核実験などの情報では大きな変動は無いと見る。

9月2日(金) 雨

☆残念B組金髪先生( ・o・)

 3年B組金八先生から続く○八先生ものは、生徒役のアイドル売り出しのために企画されたのではないか?という疑念を隠せない。中でもたのきんトリオ(田原、野村、近藤)は人気を集め、当時低迷期を迎えていたジャニーズ事務所が再成長する切っ掛けとなった。

 昨日夕方の英国PMI発表前に、英ポンド円の買い建玉を決済したところ、指標改善で1円近く上がる展開に・・・(^_^;)。夜に掛けて更に50銭ほど上げたのは実に残念であった。PMIはそこまで重視される指標ではないため、便乗して仕掛けた者がいる可能性もある。しかし、米国ISM製造業指数が予想を下回ったのを受けて、反転円買い優勢となり早朝もその流れが続いている。一方、欧州株は英独指数がマイナス、米国株は僅かにプラスで取引を終えている。

 今朝の日経平均先物CMEは僅かにプラスだが、前日の欧米相場軟調を受けて日本株はやや下落傾向と予想する。為替は米国雇用統計を睨んで調整的な動きとなるだろう。非農業部門雇用者(NFP)
の予想+18万人、前月+25.5万人、アナリスト次のように見ている。

1.+10万人以下→ドル急落
2.+20万人以上→ドル急騰
3.+10万人〜+18万人→?

 8月のNFPは過去5年間、予想を下回って来たので、3.の可能性もあるが、これは何とも言えないところだ。

カレンダー

12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 6
7 8 13
14 20
21 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[12/02 働かず暮らしたい]
[11/28 Shige]
[11/25 働かず暮らしたい]
[03/18 大王]
[02/28 大王]

プロフィール

HN:
Shige
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ