忍者ブログ

英国総選挙のお話(台風一過)

☆メイさんの執事( ´−`)

 終わってみれば、平日の半日以上、地球の裏側の国の選挙の結果を見ながら、連立がどうのと言っているのが滑稽に思えてきた。

 英国庶民院総選挙の確定議席は、保守党318、労働党政権262となり、両党とも過半数を取れなかったため、保守党が10議席を獲得した民主統一党(DUP)との連立政権を樹立すると伝えられた。実際には、DIPは入閣せず閣外協力となる見込みで既に基本合意した報じられた。現地時間の9日には、主要閣僚の留任と、党内反対派のゴーブ元司法相を農相にあてるなどの組閣も終わっている。一方、労働党のコービン党首は政権交代に意欲を示していたが、保守党とDUPを除く勢力では過半数に及ばず、労働党首班の連立政権の可能性はほぼなくなっていた。
 この選挙結果をどう見るか。日本でも同じだが、選挙公約で増税や国民の負担増を出したら大抵負ける(^▽^)。今回は、当初の高齢者介護保険の自己負担額を引き上げが、(直ぐに事実上取り下げたが)不評を買ったこと。労働党支持が多い若年層の投票率が高かったことが保守党敗北の要因である事は間違いない。
 労働党は、保守党とスコットランド国民党(SNP)の議席を奪って躍進したものの、過半数を取るほどの広がりは出せなかった。実際のところ、警察官を増やすなど枝葉の主張はあっても、基本政策では保守党との差は大きくはない。今更、企業の国有化や「ゆりかごから墓場まで」を復活する訳にも行かない。

 メイ首相は、保守党党首としての党内求心力低下は避けられず、野党の攻撃も強くなるだろう。コービン労働党党首は来年の総選挙を求めるとの報道もある。Brexit交渉の進み具合や減速が懸念される英国経済の先行きによっては、再選挙に踏み切らざるを得ない場面も考えられる。そうなると恐らく保守党は更に議席を減らして、労働党との政権交代となる可能性が高くなる。労働党政権では2回目の国民投票を提案するとの予想もある。

 保守党敗北は英ポンド安の要因となるが、メイ首相が目しているハードブレクジットからゆっくりとしたEU離脱になるかも?という予想からポンド高に転じることも考えられる。実際、9日のポンドは一旦下がった後は広い幅でのレンジ市場が続いており、投資筋の見方もバラバラと見る。

 ポンドの売りがこれ以上進むことは考えにくく、買い目線で臨みたい。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 7
8 9 14
15 21
22 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[12/02 働かず暮らしたい]
[11/28 Shige]
[11/25 働かず暮らしたい]
[03/18 大王]
[02/28 大王]

プロフィール

HN:
Shige
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ